むくみを解消することが可能|カリウムが明暗を分ける

  1. ホーム
  2. 腸を健康的な状態にする

腸を健康的な状態にする

お腹

善玉菌優位な状態

体の中には善玉菌と悪玉菌が存在する場合があります。善玉菌は体にとって良い作用をし、悪玉菌はよくない作用をするイメージがあります。良い作用のみ、悪い作用のみの菌はないとされます。良い菌も時には良くない作用をしますし、悪い菌も必要な役割を持っています。体にとって良いのは、両者のバランスが整っているときです。腸内にも善玉菌と悪玉菌があるとされています。腸内フローラは、善玉菌が優位になっている状態を指します。かといって、悪玉菌が全くいないわけではありません。また、中間的な役割をする日和見菌と呼ばれる菌もいます。腸内フローラを形成するには、腸内を良い状態に保つ必要があります。そのためには何をする必要があるかです。善玉菌の代表として、乳酸菌やビフィズス菌があります。悪玉菌の代表は大腸菌になるかもしれません。腸内フローラのために、乳酸菌やビフィズス菌を増やす活動をします。食事で積極的に摂ることで、菌を増やすことができます。又、乳酸菌が増えるためのえさを食べるのも良いとされています。食物繊維やオリゴ糖などが乳酸菌などのえさになりやすいとされています。では、すでに悪玉菌が優位になっていて、食事などではどうしようもない状態になっている人はどうすると良いでしょう。新たな腸内フローラの手に入れ方として、健康な人から健康な菌を移植する方法があります。健康な人の便を無毒化して、それを悪玉菌が多い人の腸に移植することで、善玉菌優位にすることができます。